債務整理 デメリット

MENU

債務整理 デメリット

債務整理を行うにあたり、デメリットも説明しておきましょう。
では一体どういうデメリットがあるのでしょうか。

 

まず、債務整理は素人ではなかなか難しいです。
ですから弁護士とか司法書士に依頼することになります。

 

もちろん無料ではなく費用が発生します。
最近は分割払いとか、あるいは成功報酬(後払い)でも受け付けている法律事務所があるので、探されてはどうでしょう?

 

そして、債務整理を一回すると信用情報に登録されます(いわゆるブラックリストに載ります)。
すると一定期間の金融機関からの借り入れは難しくなります。(別途収入の道がある、有名人は除きます)
その間、お金が借りれなくなるので、少々不便になるかもしれませんが、仕事は大事にしておきたいですね。

 

債務整理でも自己破産は自宅を含め全てを精算します。
任意整理は、財産を残せる場合もあります。
自己破産は、禁治産者として官報に載り、職業の制限もあります。

 

が、金利でどうしようもなくなり、復活を目指すのであれば、早めの決断が大事だと思います。
ことが大きくならないうちに相談できる弁護士さんを探してみませんか?

債務整理は債務から復活できる大きなチャンスです。
ぎりぎりまで返済に頑張るのもいいですが、

もうダメだ!と言うところの半歩手前での決断が大事かも・・・です。

返済が滞りはじめるとと債権者が一斉に取り立て、差し押さえに来ますから。
その時にはもう債務整理どころではなくなっちゃいます。

その前に、無料で相談してみませんか?

過払い金の問題や債務整理の件など親身に相談に乗ってくれます。
そして、着手までは無料なので活用してみましょう。
シュミレーションも役立ちますよ。

  ↓