債務整理は弁護士に頼んだほうがいい?

MENU

債務整理は弁護士に頼んだほうがいい?

債務整理は、弁護士または司法書士に頼んだほうがいいです、絶対に!

 

自分でやってやれないことはないですが、特に任意整理は難しいです。
同じ債務整理でも、特定調停は自分でもできる可能性がありますが、任意整理になると、交渉が必要になります。

 

債務者の立場と、債権者である金融機関と交渉するのですから、最初から債務者の方が立場が弱いわけですね。
だから、借金を減らしてくれと言ってもなかなか応じてくれないのが実態です。

 

が、特に弁護士が代理に立つと、話は早いです。
金融機関の方も、弁護士に対する時には、簡単に交渉に応じます。
債権者もややこしくなるのは望んでいません。
弁護士さんは最悪、訴訟も起こせますし。

 

だからちゃんと債務整理のテーブルについて、交渉がはじまるんです。
交渉も弁護士のお仕事です。

 

実は交渉だけでなく債務整理は手続きもやっかいです。
これも弁護士の方でやってくれます。

 

司法書士も債務整理の処理はできますが、金額の上限があること(140万)で任意整理の制限があります。
だから、金額が無制限に手続きを依頼するなら弁護士、司法書士さんでもいい金額であれば、司法書士でも可、こんな感じで使い分けてもいいと思いますよ。

債務整理は債務から復活できる大きなチャンスです。
ぎりぎりまで返済に頑張るのもいいですが、

もうダメだ!と言うところの半歩手前での決断が大事かも・・・です。

返済が滞りはじめるとと債権者が一斉に取り立て、差し押さえに来ますから。
その時にはもう債務整理どころではなくなっちゃいます。

その前に、無料で相談してみませんか?

過払い金の問題や債務整理の件など親身に相談に乗ってくれます。
そして、着手までは無料なので活用してみましょう。
シュミレーションも役立ちますよ。

  ↓