債務整理 個人再生

MENU

債務整理 個人再生

債務整理の手法の一つである個人再生についてご説明いたします。

 

個人再生はまだ新しく2001年から始まりました。

 

条件は、住宅ローン以外の債務の総額が5000万以下の個人。
安定した収入の見込みがあるならば、条件を満たします。
安定した収入があることと言う条件があるように、サラリーマンの方が適用されやすい制度になっています。

 

個人再生の申請が無事認められると多くの債務が減額されます。
減額される金額は、債務の総額・資産の総額・可処分所得の金額で決定されます。
住宅を手放さなくても、債務整理できるところがいいですね。

 

例えば自己破産だとすべてなくなりますが、個人再生は残ります。

 

ただ、自己破産同様、官報に掲載され、信用情報にも載ります。
新しく借金ができなくなるのはデメリットの一つです。

 

手続きは煩雑で、弁護士や司法書士の方に委任する必要がある債務整理方法です。

債務整理は債務から復活できる大きなチャンスです。
ぎりぎりまで返済に頑張るのもいいですが、

もうダメだ!と言うところの半歩手前での決断が大事かも・・・です。

返済が滞りはじめるとと債権者が一斉に取り立て、差し押さえに来ますから。
その時にはもう債務整理どころではなくなっちゃいます。

その前に、無料で相談してみませんか?

過払い金の問題や債務整理の件など親身に相談に乗ってくれます。
そして、着手までは無料なので活用してみましょう。
シュミレーションも役立ちますよ。

  ↓