債務整理 個人再生法

MENU

債務整理 個人再生法

債務整理の方法として個人再生があり、法律として明文化されています。

 

きっかけは、ゆとり償還住宅ローン。
国が作った住宅ローンで、右肩上がりの経済成長を前提に、最初は少なく、後は大きく、のローンでしたが、5年後にローン破綻者が相次いだため、この手のローンはなくなるとともに、民事再生法を一部改正し、個人再生を可能にしたのです。

 

個人再生法の特徴としては、住宅ローンの支払いがあります。
普通は債務整理をするとどんな資産も売却されます。
自宅でもそうです。

 

が、それではあまりにも忍びないということで、住宅は残して、債務整理が可能になりました。

 

注意して欲しいのは、住宅ローン自体は何の引き下げもできません。
唯一、期間を伸ばせるだけです。

 

その他の債務は減額できる可能性はあります。
ですが、裁判所で、民事再生法を適用してもらわなくてはいけません。
そして、返済計画を立て、認めてもらえるとその返済計画はきっちり守らなくてはいけません。
何しろ裁判所の決定ですので。

 

だから、一回決まると、支払いが遅れるとまずいです。
この個人再生、個人が手続きするには煩雑なので、弁護士さんに相談するといいですよ。

債務整理は債務から復活できる大きなチャンスです。
ぎりぎりまで返済に頑張るのもいいですが、

もうダメだ!と言うところの半歩手前での決断が大事かも・・・です。

返済が滞りはじめるとと債権者が一斉に取り立て、差し押さえに来ますから。
その時にはもう債務整理どころではなくなっちゃいます。

その前に、無料で相談してみませんか?

過払い金の問題や債務整理の件など親身に相談に乗ってくれます。
そして、着手までは無料なので活用してみましょう。
シュミレーションも役立ちますよ。

  ↓