債務整理の長所と短所

MENU

債務整理の長所と短所

債務整理にもやってよかった〜と言う長所と、こんなことがあったのか〜という短所の面があります。

 

まず、長所は借金が棒引きできること。
これが最大のメリットです。

 

が、自由経済社会で借金が棒引きされるということは、誰かが損することになります。
多額の借金でも債務整理で、チャラにすることは可能です。
しかし、お金だけチャラにしてもらって自分は何もしない、そんなうまい話は残念ですがありません。

 

少なくても、自宅とか車などの資産は借金の返済に充当されます。
自分の掛けている生命保険の解約返戻金は差し押さえられ、預金は全て把握され、借金に充当されます。
これが自己破産です。

 

資産を売却し返済してなお残った債務は、チャラになりますが、
官報ににのり(禁治産者)、今後借金はできなくなります。

 

債務整理でも、任意整理や個人再生は、財産は残せます。
が、借金は残ります。
だから、返済が必要になります。
(自己破産のようなチャラはありません!)

 

 

また、任意整理ですが、和解がうまく行かなければ、話はおわりです。
個人再生は、とっても手続きが複雑です。
さらに時間がかかるのもデメリット。

 

そして、自己破産、個人再生、任意整理、どれも債務整理をすると、ブラックリストに載ります。
クレジットの申込は一時期できないデメリットがありますが、時間がたてば復活できます。

 

しかし、ずるずる行くよりも
返済に見切りをつけ腹をくくって、再出発するのも大事なことかもしれませんね。

 

実際に多くの方がもっと早く相談すればよかった、とおっしゃっています。

債務整理は債務から復活できる大きなチャンスです。
ぎりぎりまで返済に頑張るのもいいですが、

もうダメだ!と言うところの半歩手前での決断が大事かも・・・です。

返済が滞りはじめるとと債権者が一斉に取り立て、差し押さえに来ますから。
その時にはもう債務整理どころではなくなっちゃいます。

その前に、無料で相談してみませんか?

過払い金の問題や債務整理の件など親身に相談に乗ってくれます。
そして、着手までは無料なので活用してみましょう。
シュミレーションも役立ちますよ。

  ↓