債務整理と住宅ローン融資

MENU

債務整理と住宅ローン融資

債務整理と住宅ローン融資は、大いに関係あります。

 

債務整理を一回すると、個人の信用情報を集めている機関に、本人の情報が登録されるからです。
いわゆる事故の情報ですね。
この場合の事故とは、借金の延滞とか、債務整理のことです。

 

で、お金を貸す側(金融機関の話です)は、必ず個人信用情報機関の記録を参照します。
この場合の貸す側とは、住宅ローンだけではありません。
クレジットカードをはじめ、教育、マイカー、キャッシングまで影響します。

 

個人情報機関に事故情報が載ってると、まともな金融機関は貸してくれません!

 

でも、時間が経てば記録は消滅します。

 

任意整理で5年
自己破産・個人再生で10年になっています。
この間、住宅ローンを借りるのは無理です。

 

でも、債務整理をしたのが夫であれば、妻の名義で申し込んでみてもいいかも、です。
妻であれば、夫の名義ですね。

 

でも、現実的には、債務整理から立ち上がるのには時間がかかるはず。
じっくり足場を固めてからでも住宅ローンの申込は遅くないかもしれませんよ。

債務整理は債務から復活できる大きなチャンスです。
ぎりぎりまで返済に頑張るのもいいですが、

もうダメだ!と言うところの半歩手前での決断が大事かも・・・です。

返済が滞りはじめるとと債権者が一斉に取り立て、差し押さえに来ますから。
その時にはもう債務整理どころではなくなっちゃいます。

その前に、無料で相談してみませんか?

過払い金の問題や債務整理の件など親身に相談に乗ってくれます。
そして、着手までは無料なので活用してみましょう。
シュミレーションも役立ちますよ。

  ↓