債務整理後の延滞

MENU

債務整理後の延滞

債務整理をしました。⇒借金が減りました。⇒残りの借金の返済中、延滞が生じました。
返済の意思があっても、世の中は何が起こるかはわかりません。

 

会社をクビになるかもしれません。
病気にかかるかも知れません。
そうしたら、債務整理はどうなるのでしょうか?

 

一般に、任意整理では、2ヶ月返済がないと、和解が無効になります。
和解が無効になると、一括請求されるのが普通です。
一括請求されても払えないので、どうしようもなくなります。

 

すると残るは自己破産しかありません。

 

金融機関は自己破産されると、お金が貸し倒れます。
でも、けりは付きます。
金融機関としても貸し倒れで損金で落としてしまったほうが、いい場合もあるのです。

 

借り手の方としては、任意整理と違って、債務が0になるのですから、悪い話ではありません。
多少制限がありますが、自己破産した方でも立派に復活した方はいくらでもいます。

 

早く処理すれば、早く立ち直れるということでもあります。
特に待ったなしの方、じっくり検討してみてください。
なお、自己破産するときにも、弁護士さんに依頼するのが普通ですよ。

債務整理は債務から復活できる大きなチャンスです。
ぎりぎりまで返済に頑張るのもいいですが、

もうダメだ!と言うところの半歩手前での決断が大事かも・・・です。

返済が滞りはじめるとと債権者が一斉に取り立て、差し押さえに来ますから。
その時にはもう債務整理どころではなくなっちゃいます。

その前に、無料で相談してみませんか?

過払い金の問題や債務整理の件など親身に相談に乗ってくれます。
そして、着手までは無料なので活用してみましょう。
シュミレーションも役立ちますよ。

  ↓